preloader

歴史


歴史

1985

ジマテック有限会社の創業

3人の友人がそれぞれの異なるポテンシャルと、新しいコンテンツを創造する経験を組み合わせることを決めました。グローバリゼーションの中においても、それらは時を越え、ファミリービジネスの価値であり続けています。

 
 
1986

初めての特許

最初のエアーグリッパー(PBシリーズ)が完成し、ジマテックは初めての特許を取得しました。2・3爪の平行開閉グリッパーや90度回転グリッパー、リニアやロータリーアクチュエータ、リニアガイド・リニアモーターなど数多くの製品がこの後に生まれました。

1987

初めてのエレクトニクスへの投資

ハンドリング市場でスタープレイヤーとなり、ジマテックは競争性を高めるため、エレクトロニクスへの投資を決めました。そして、磁気近接、電気やショックセンサーが開発されました。

1996

有限会社から株式会社への変更

会社は戦略を成長させ、法的手続きによってそのエッセンスを変更しました。

1997

新本社への移転

社員数の増加に伴い、2000平方メートルの新社屋へ移転しました

2001

初めての樹脂成形用カタログの発行

将来を見据え、樹脂成形用の機械メーカーやエンジニアリング会社とともに、樹脂成形の分野へ参入しました。ジマテックは真空パッドやエアーニッパー、エアーハンドといったエンドオブアームツーリングに特化しました。

2003

初めての支店開設

ノバラに初めての支店を開設したことで、エリア的ながらビジネスを制限されることなく拡大しました。ジマトレードは先駆者となり、今ではジマテックは10の子会社(イタリアに4社と、海外に6社)を誇っています。

2008

現在の社屋へ移転

ジマテックにとっての重要な戦略的開発のため、移転が必要となり、2000平方メートルから現在の5000平方メートルの新社屋へ移転しました。

2012

メカトロニクス

未来へ目を向ける中で、ジマテックは電動アクチュエータ市場へ活動を広げました。2012年に初めてのメカトロニクス製品が誕生し、それは2爪や3爪の平行開閉グリッパーや電動アクチュエータでした。2013年には、支点開閉グリッパーや90度開閉グリッパー、ロングストロークの平行開閉グリッパー、電動リニアガイドやモーターといった、その他の製品もデザインされました。

2013

ジマテックの成功

2013年11月30日にジマテックSpAはキセノンプライベートエクイティホールディングスに売却されました。ジマテックグループは、前年、平均以上の成長を遂げました。ジマテックは海外の支店を設け、これらをフォローしてきました。その結果、メカトロニクスのスペシャリストは、キセノンのアテンドとサポートによって、素早いインターナショナル化のゴールを追いかけることができました。

2016

AGICの出現

2016年6月、ジマテックの株の大部分は、プライベートエクイティファンドのAGICキャピタルに買収されました。この純粋で経営的な買収は、新たな循環を会社にもたらしました。新たなリソースは、イタリアの1社から始まったことや従来のマーケットを失うことなく、ジマテックブランドの認知度を向上させました。